ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

虫歯治療は痛いものだと言う概念が覆されています

虫歯治療は多くの人が非常に嫌なものです。歯を削ったり、神経を抜いたりといった非常に複雑な痛みを伴う治療を行わなければならず、麻酔をして治療をすることが多いのですが、その際に鈍い痛みを感じることがあるほか、麻酔が切れたときには非常に強い痛みを感じてしまうことも少なくありません。そのため歯医者に行くことが億劫となってしまうことも多く、そのためにさらに虫歯を悪化させてしまうと言うことも多いのです。
最近では、様々な治療法が確立されており、虫歯を治療する際に痛みを伴わずに行う方法も非常に多く用いられるようになりました。その中でも特に注目をされているのはできるだけ歯を削らずに行う方法となっています。これまでの虫歯治療では小さな部分を削り取りその部分に詰め物をすると言う方法が一般的でしたが、この方法では詰め物の境目に食べかすが詰まったりしてさらに虫歯を悪化させてしまうこともあり、これが結果的に虫歯を大きくしてしまう要因となることも多いのです。そのため、できるだけ歯を傷つけずに治療を行う方法が注目されることとなったのです。
その方法にはいろいろなものがありますが、大きく分けると虫歯の細菌を殺菌して効果をなくしてしまい、それ以上の進行を食い止めると言う方法と、高度な技術を利用して虫歯の部分を除去する方法です。どちらも必要以上に歯を削らずに治療を行う方法であるため、詰め物の隙間から雑菌が繁殖したり、新たな菌が付着する可能性が非常に少なく効果的な方法となっているのが特徴です。
虫歯を殺菌して除去する方法には、ドックベストセメント法とヒールオゾン法、及び3Mix法があります。ドックベストセメント法は鉄と銅の化合物を含んだセメントをはに塗布することにより、鉄イオンと銅イオンの殺菌力を利用して虫歯の原因を除去する方法です。またヒールオゾン法は塩素の7倍の殺菌力を持つオゾンを利用し虫歯菌を殺菌する方法です。さらに3Mix法は3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、虫歯の菌を殺菌する方法であるため、このどの方法でも歯を削らずに虫歯を除去することができ、これまで神経を抜かなければならないほどの治療をする必要があった場合でも、神経を抜かずに虫歯の進行を食い止めることができる点がポイントとなっています。
歯を削らずに虫歯を除去する方法にはプラズマレーザー治療やカリソルブ治療があり、これらは直接虫歯部分のみを除去する方法であるほか、従来の削る作業とは異なり柔らかく溶かしたりレーザー光線で除去する方法であるため、痛みを感じることがありません。そのため、従来は虫歯部分だけではなく健康な歯の部分も削り落としてしまうため神経に達することも多かったのですが、これらの方法では虫歯部分のみを確実に除去することができる点が痛みを伴わないポイントとなっているのです。
虫歯治療を効果的に行うためには、早期発見が非常に重要なポイントとなります。しかし虫歯は徐々に進行するものであるため、定期検診などで医師が確認をして目で見てわかるような状態になってしまっている場合にはすでに相当の進行が認められると判断され、一般的な治療ではこれを除去するなどの方法しかないのが実態です。そのために痛みを伴ってしまうことも多いのですが、最近では顕微鏡を効果的に利用した検診方法が多くの歯科医で実現されており、これにより微細な虫歯の状態を迅速に発見することができるようになっています。肉眼では見えないような状態でも顕微鏡で確認することで非常に微細な虫歯を早期に発見することができるため、この部分に対して様々な治療を行うことで痛い思いをしなくても効果的な治療を行うことができるようになっているのが特徴です。

最終更新日

痛い , 痛み , 虫歯治療