ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

虫歯治療の方法と詰め物の種類

注意していても、歯磨きをよくしていても虫歯ができてしまうことは往々にしてあるものです。虫歯治療の時のキーンとした音や歯を削る音が嫌で歯医者さんから遠ざかっている人は多いと思いますが、最近では虫歯の治療への考え方などが進化してきているため、早めの治療や定期検診をきちんと行うことで嫌な思いをすることは減りそうです。最近では少しでも虫歯が出来たら削ると言うことはなくなりました。虫歯のごく初期の段階で、エナメル質の部分にできた小さな虫歯であれば削るのではなく、経過観察となることが多いようです。虫歯を削るよりも口内環境を良くして、自然と虫歯が治癒できることを目指す方向となっています。具体的な方法としては、歯磨き指導やフッ素を塗布すること、甘いものなど食べるものや間食などに制限をかけたり、カルシウムの宝庫である唾液の質を検査して原因を特定してから治療するかどうかを決めるというように、多種多様な治療の選択肢があります。初期虫歯ではなく、もう一歩進んでしまった虫歯でも、何回も治療に通わなければならないような治療はしません。最近ではコンポジットレジンという素材を用いて短時間で虫歯治療ができます。コンポジットレジンは、プラスチックのペースト状のもので、虫歯を削ったところに注入し、特殊な光を当てることで固まります。そしてこのコンポジットレジンの質も向上してきており、今までの虫歯治療では詰め物をしなければならないケースでも、コンポジットレジンで対応できる頻度が高くなりました。虫歯治療が簡略化できているのは、このコンポジットレジンのおかげでもありますが、歯の細部を見ることができるCTや虫歯の箇所をよりフォーカスしてみることができるマイクロスコープなどの発達も功を奏しています。
エナメル質など歯の表面に近い部分でしたら、コンポジットレジンを使っての治療でなんとかなるものですが、歯の根元に近い部分まで虫歯が進んでしまう、さらには歯の神経までいってしまった虫歯は、神経を温存するか神経を抜く処置をしてから詰め物をすることになります。詰め物の種類にはいくつかありますが、代表的なものは銀歯です。保険が適用となり、金属を使用していることで耐久性があります。デメリットとしては見た目がよくないことでしょう。さらには金属アレルギーが起こってしまう場合もあります。口内の水分によって金属が溶けだしてしまい、身体の中に入って蓄積されることで、ある日突然アレルギーを発症するということも考えられます。また、銀歯はセメントで残された歯につけられていますが、時間の経過と共にセメントが溶けだしてしまい、隙間ができたところに虫歯ができる危険性があります。銀歯のため、レントゲンを通しても状態を見ることができないことも状態の悪化を招きやすくなってしまいます。銀歯のデメリットを埋めてくれる詰め物として期待されているのは、セラミックなどです。セラミックは天然の歯と同様の強度で、残された歯をいためる危険性が金属よりも少ないメリットがあります。また、自分の歯の色と合わせることができますし、変色することもほとんどありませんが、強度としては金属より劣ります。次に金ですが、金合金や白金加金という素材が用いられます。金の歯は本来の歯と同様の固さとなるため、残された自分の歯をいためることが少なく、金属アレルギーにもなりにくいのがメリットです。セラミックや金は素材としては良いですが、保険適用とはならないため、値段が高くなるのがデメリットです。虫歯治療は進化していますが、自分の歯に勝るものはありません。口内環境を整えて、虫歯にならないような生活を送ることが大切になってきます。

最終更新日

虫歯治療 , 詰め物