ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

虫歯治療の値段ってどのくらい?

歯が急に痛くなってしまうと「もしかして虫歯?」と怖くなってしまう場合もあるでしょう。しかし、虫歯治療値段はよくわからないので、痛くても歯医者に通うのをためらってしまう場合もあるかもしれません。しかし、虫歯は放っておくともっとひどい状態になってしまうこともあるので、症状に気づいたら早めに受診することが大切です。治療費が心配な場合には、ある程度の治療費の目安を知っておくと受診の際も安心でしょう。ここでは、虫歯治療の治療費の目安を紹介します。

基本的に歯科医院での虫歯治療は、保険適用の範囲内で行うことができます。ほとんどの人は3割負担の金額となりますが、年齢などに応じて1割負担あるいは2割負担となる場合もあるでしょう。ここでは、3割負担の場合の金額の目安を紹介します。

虫歯を治療する場合には、その虫歯の進行具合や治療の種類によって治療費は変わるのが通常です。初期の虫歯であれば、場合によっては特に処置をせず自然な再石灰化を待つ場合もあります。一方で重度の虫歯になって、歯の神経まで侵されているいる場合には根管治療という治療や、場合によっては抜歯が必要となる場合もあるかもしれません。

軽い虫歯であれば治療にかかる値段の相場は1本あたり500円から1000円程度です。中程度の虫歯であれば700円から3000円程度、重度の虫歯の場合には2000円から7000円程度が相場となります。また、詰め物・被せ物などが必要になった場合にはその料金も加算されるでしょう。

詰め物や被せ物に関しては、保険適用のものと保険が適用にならないものがあります。樹脂でできているレジンや銀歯などであれば保険が適用されるため比較的安い価格で治療を受けることが可能です。一方で保険が適用にならないセラミックやジルコニア・金歯などの素材を使用する場合には、自由診療となるためクリニックによっても大きく値段が変わる場合もあります。場合によっては1本の歯につき10万以上かかる場合もあるでしょう。ただし、こういった素材は高額である分、見た目が自然の歯に近い綺麗な形状であったり耐久性が高いといった利点があります。

また、万が一抜歯しなければいけないほどの虫歯になっていた場合には、抜歯後にブリッジや入れ歯、あるいはインプラントなどの対応が必要です。ブリッジや入れ歯には保険適用のものもありますが、金属やセラミックのものを希望する場合には保険が適用されません。またインプラントは基本的に保険適用外です。インプラントを希望する場合には、金額は数十万になるのが通常です。

しかし、できることなら虫歯治療が必要にならないよう、普段から虫歯にならないように予防をすることが大事です。そのためには、定期的に歯科医院で歯の状態チェックやスケーリングを受けることも大切になります。スケーリングとは歯の掃除や歯石取りのことを意味しています。自分では落としきれない汚れや歯石をプロの手で落としてもらうことができるため、虫歯予防には非常に効果的です。歯の状態チェックや歯石とりの費用は、レントゲン撮影の有無によっても異なりますが、おおよそ2000円から3000円程度でしょう。

このように、虫歯治療に必要になるお金は虫歯の初期であれば数百円程度で済む場合が多くなります。しかし、重症度が高くなるにつれて数万、あるいは数十万単位のお金が必要になってくる場合もあるかもしれません。虫歯治療にかかるお金を減らしたいのであれば、何よりも大切なのは予防です。歯科医院では、毎日の歯磨きの仕方について指導をしてもらうこともできます。歯磨きをしていても虫歯ができてしまうのであれば、一度歯科医院で歯磨きの仕方をチェック・指導してもらうのも虫歯予防には大切でしょう。

最終更新日

値段 , 虫歯治療