ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

虫歯治療に使われる麻酔

重度の虫歯治療を行う場合には、ほとんどの場合麻酔を使用してから治療を行います。一言で麻酔といっても、虫歯治療で使われるものは大きく分けて3種類があります。種類によって持続時間が異なります。
歯科で使用されるものは基本的に、局所麻酔というものが使われます。これの一般的な性質としては、治療を行う場所の周囲に薬液が止まることで周辺の神経伝達を一時的に遮断する効果があって、他の組織に障害が行かない、低濃度で効果が発現して毒性も低く、注入部分から血液中に吸収されると作用が速やかに消失するというということが挙げられます。
多くの場合利用されるのが、表面、浸潤、伝達の3種類の方法です。
表面は、注射で注入する箇所の粘膜に塗るタイプの薬です。口の中の粘膜表面は皮膚に比べて痛いと感じ部分が多いため注射針を刺入し、薬液を入れると痛みを感じてしまいます。そのため、あらかじめ表面に麻酔を塗っておき、時間を置いた後に注射することで刺入するときの痛みが少なくなります。口の中に注射をするのに対して抵抗がある人に対しても、なるべく苦痛を減らすために用いられます。様々な形状のものがあり、軟膏やゼリータイプ、ガーゼや脱脂綿、綿棒などに浸して直接粘膜面に塗るもの、テープ状のものは直接粘膜に貼りつけて使います。
表面を使った後に利用されるのが、浸潤です。歯科で最も利用されています。麻痺させたい部分に直接薬液を注入して、痺れさせるとという方法になります。歯茎から薬液を注入させることで痛みが発生するため、現在では普通の注射針を用いる方法以外にも、不快感を減らすために薬液の温度をコントロールしながら一定速度で薬液を注入することができる電動式注射器が使われることもあります。
主に、親知らずを抜くときや、下の奥歯を治療するときに使われるのが伝達です。下の歯が埋まっている骨は、上の歯が埋まっている骨よりも硬いのが特徴です。そのため下の歯を治療する場合には、時間がかかったりしてしまいます。浸潤では効きにくいというケースもあって、そんなときにはこれを使用します。かなり広範囲で痺れるのが特徴で、治療したい部分だけではなく舌や唇なども痺れます。人によっては5〜6時間と長時間効果があることもあります。
その他、妊婦や授乳中に利用されるリドカインという種類もあります。作用発言が早く、少量で効果を発揮します。体に対する刺激作用が少なく持続性も長いなどが特徴です。

このような種類がありますが、それぞれ打つ場所も持続時間も変わってきます。薬の効果は個人差があります。
歯茎に注射した場合には、大人で約1〜3時間程度、子どもだと薬の量も少なくなり約1〜2時間程度の効果が得られます。親知らずを抜くときなどに使う伝達の場合は、大人なら約5〜6時間、子どもでは半日以上効いている場合もあるとされています。
このような長い時間に効果があると、麻酔後に食事をするというケースも考えられます。
治療後すぐの食事は避けるようにします。完全に切れるまで食事をするのを我慢するのも難しいですが、そんなときにはできるだけ柔らかい食事を心がけます。
硬いと誤って唇を噛んでしまうこともあるため注意が必要です。出来るだけ冷めたおかゆや柔らかく煮た適温のうどんやスープなどがおすすめです。
熱さにも鈍くなってしまっているため、熱いものを食べると火傷しても気づかないため冷めた状態のものを食べるようにします。大きな食材も食べやすい大きさにカットして、噛む回数を減らします。
現在歯科で利用されている麻酔は安全性が高くアレルギー反応を起こしにくくなっています。しかし、アレルギーが起きたことがある場合には、事前に歯科に報告してから治療してもらうことが大切です。

最終更新日

虫歯治療 , 麻酔