ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

虫歯治療で神経を抜くとは?

虫歯治療において神経を抜かなければいけないのは、虫歯が進行して大分悪化した時です。歯にはエナメル質・象牙質・歯髄といった部位があり、虫歯の原因となる細菌はエナメル質から徐々に深い部分へと浸蝕していきます。最近の歯科クリニックでは、できるだけ抜かずに残したまま治療しようというのが一般的です。なぜかというと、抜いてしまうとそうではない歯に比べて歯の寿命が短くなるからです。痛みを感じることもなくなるので、再び虫歯になっても痛みを感じることがありません。それによりさらに進行すると、抜歯しなければいけないことも多くなります。また、歯も割れやすくなるので、それが抜歯の原因になることもあります。
歯を失うと、口の中だけではなく全身に悪影響が及びます。食べ物が噛めないと消化や吸収にも影響が出ますし、咀嚼するということそのものが脳への刺激にもなります。歯を失った人の方が、そうでない人よりも認知症になるリスクが高いことも分かっています。老後に健康を維持するためには、健康な歯を維持することが欠かせません。
具体的に神経を抜くという治療は、歯髄と呼ばれる部分にある血管や神経などを取り除く処置になります。歯髄の中にあるのは歯を生かしておくための組織なので、取り除いてしまうと歯は死んでしまうことになります。虫歯にはいくつか段階があり、表面にあるエナメル質が虫歯になっただけではこの処置がとられることはありません。治療も短期間で済みます。その段階では自覚症状はないので、定期健診などで気付くことが多いです。
それから虫歯が進行すると、エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯菌が及びます。痛みを感じることもありますが、何もしていなければ痛まないことも多いです。ちょっと違和感を感じる程度だと、そのまま放っておいてしまうこともあります。冷たい物を食べた時などに、しみると感じる人も多くいます。
そして、虫歯菌が象牙質から歯髄にまで達してしまうと、歯髄炎と呼ばれる状態になります。歯が強く痛み、夜に眠れなくなってしまうこともあります。慌てて歯科クリニックに駆け込む人もいます。歯髄炎まで進んでしまうと、健康な歯の状態に戻すことはできません。せめて歯だけでも残そうと、歯髄を除去する処置をします。歯髄炎がさらに進行すると、神経が既に死んでしまっているので今度は痛みを感じなくなります。この状態になると歯根にまで虫歯が達しているので、歯を抜いて入れ歯にしたりブリッジをしたりする必要があります。インプラント治療など高度な技術を必要とする治療もありますが、費用は割高です。
また、単に神経を抜いて終わりというわけではなく、歯の内部を消毒して無菌化し綺麗にする根管治療も行います。歯の内部を無菌状態にすることで、再度虫歯菌に感染するのを防ぐことができます。
虫歯治療で神経を抜くのはかなり虫歯が進行した状態なので、それを予防するためにも定期的な検診やクリーニング、自宅でのセルフケアが欠かせません。3ヶ月から半年に1回程度、歯科クリニックを受診して定期検診を受けるようにするのがおすすめです。虫歯や歯周病を早期に発見することができ、早期に治療を開始することができます。歯の表面であるエナメル質が虫歯になった段階で治療をすれば、歯を失うようなことにはなりません。予防歯科に力を入れているクリニックも多く、健康な時から歯科クリニックに通う人も増えています。
歯科クリニックでは、ブラッシング指導や歯のクリーニングなども行っています。歯磨きの仕方で磨きの残しが全く違いますし、プロが行うクリーニングは歯磨きでは落とせない歯石も除去できます。虫歯になりにくいのでおすすめです。

最終更新日

神経 , 虫歯治療