ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

虫歯治療でひどい虫歯の治療法は

虫歯になってしまうと、歯が染みてしまう、痛みで食べ物を噛むことが困難になるなど生活上でいろいろと困ってしまうことがあります。また、虫歯を放置してしまうと、症状が進行してしまい状況によっては歯を抜くことになってしまうこともあるでしょう。
虫歯治療なども症状によって治療の仕方なども違いがありますが、軽い虫歯の場合には、薬を塗って対処する、歯を少し削る程度の治療で済む場合もあるため比較的治療期間なども短くて済みます。しかし、ひどい虫歯となると、歯の表面だけでなく、神経にまでやられてしまうこともあります。基本的に、歯の土台などが残っているなどの場合には、かぶせものなどの治療法がありますが土台がしっかりと作れない状態となると、かぶせものなどができない場合もあります。土台には、セラミックなどを使用してかぶせもので対処することも可能です。
この点からも、ひどい虫歯になってしまうことで、神経まで症状が進行してしまう、歯の土台部分がやられてしまう可能性があるためできれば、そのような状態になる前に虫歯治療を受けることが大切です。虫歯の初期状態ならば、ちょっとした詰め物程度で済む可能性もあるため歯をあまり削らずに済むことにもなるでしょう。
また、歯周病などによって、歯茎がやられてしまうこともあります。歯磨きをする際に歯だけでなく歯茎などもしっかりとブラッシングしていないと、徐々に歯周病が進行してしまうことがあり、歯のぐらつきやちょっとしたことで歯茎が炎症を起こしてしまう、出血などが起きやすくなるため注意も必要です。虫歯があるという場合でも、歯周病が進行している状態なら土台となる部分がしっかりとしていない状態ならかぶせものなどの治療が困難になってしまうこともあります。そのため、虫歯だけでなく歯周病などにも日ごろから注意して予防をしていくことが大切です。
ひどい虫歯を予防するためにも、定期的に歯科に通って歯のクリーニングを行ってもらいましょう。虫歯がない状態でも歯垢や歯石などが溜まってくることで口内環境が不衛生な状態になりがちです。痛みや歯が染みるなどの症状がなくても数か月や半年に一回程度歯科で歯のクリーニングを行ってもらいましょう。歯垢や歯石を定期的に取り除くことにより、虫歯の予防や口臭対策などにもつながります。また、歯のクリーニングを行ってもらうということは、その場で歯の状態をチェックしてもらうことにもなるでしょう。虫歯になりかけの歯がある場合などもその時に発見してもらえるため、すぐに治療を行ってもらうことができます。結果として虫歯の悪化を防ぐことになるため定期的に歯のクリーニングをしてもらうというのは、予防対策としては重要だといえます。
健康的な歯を維持できることは、自身の健康などにも大きく影響します。加齢に伴い身体機能なども徐々に衰えてくることになり、口内環境なども変化していきます。高齢になってからも自分の歯がしっかりと残すためにも、日頃から虫歯予防のためにブラッシングを怠らないということや歯科で定期的に歯のクリーニングをしてもらうことはとても大切です。虫歯の症状が出た場合には、我慢をせずにすぐに治療をしてもらうということも重要だといえます。痛みに耐えたからといって、症状が改善するわけではありません。むしろ初期症状の段階ですぐに治療してもらえば、治療なども比較的簡単に済むため、時間的に考えてもひどい虫歯になってから治療をしてもらうよりもメリットがあるでしょう。日ごろから自分の歯を大切にすること、そして虫歯の症状が出た場合には、すみやかに治療をしてもらうことを心がけましょう。

最終更新日

ひどい虫歯 , 虫歯治療