ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

削らずに治せる!?最新の虫歯治療

虫歯治療と聞くと嫌な気持ちになる、という方は多いのではないでしょうか。歯を削る際には独特の音や振動を感じるため、不快さを覚えるものです。治療で削った場所がもう一度虫歯になってしまう、ということも少なくありません。詰め物に隙間ができてそこから再発する、といったことを繰り返し歯を失ってしまう人もいるといいます。放置していると症状が悪化してしまうため基本的には削る必要があるのですが、結果として再発を招いてしまうこともあるのです。
最新虫歯治療の中には、歯を削らない方法もあるといいます。削らずに済めば、治療中に不快な思いをすることもありませんし、再発によって歯の寿命を縮めてしまう恐れもないでしょう。
歯を削らない最新治療法の一つに、ドックベストセメントがあります。ドックベストセメントとは、殺菌力のあるセメントを詰め物として使用し、虫歯の菌を無くすという治療方法です。この方法の場合、歯の表面をある程度削ってから、詰め物をする必要があります。しかし神経に達する部分まで削らなくても済む、というメリットがあるのです。
従来の治療では、虫歯が奥深くまで達していた場合、神経を抜くといった処置がとられていました。神経を抜かずにいると、強い痛みが生じ続けてしまうためです。また治療せずに放置していれば、さらに症状が進んで最終的には歯そのものがだめになってしまいます。
しかし神経を抜いてしまった歯の寿命は、短くなってしまいます。痛みを感じなくなってしまうため、虫歯が再発してもなかなか気づけず、悪化した状態になりやすいのです。歯を一生残していくためには、できるだけ神経を取らないほうが良いとされています。
ドックベストセメントを使用すれば、深い虫歯でも神経をなるべく残す形で治療することが可能です。歯の寿命を損なわない、効果的な治療方法だといえるでしょう。ただしセメントには銅や亜鉛などが用いられているため、金属アレルギーがある方には適していません。また神経に影響しない初期の虫歯には、基本的に適用されない治療方法だといえます。
初期の虫歯を削らずに治すことができる方法として、ヒールオゾン治療が挙げられるでしょう。ヒールオゾン治療は、優れた殺菌力を持つオゾンの作用を利用して虫歯を治すという治療方法です。ごく初期の虫歯であれば、ドリルを全く使用せずにオゾンだけで治療することも可能だとされています。またある程度症状が進行している場合でも、削る量を少なくできるのが魅力です。
ヒールオゾン治療は、2ミリ以下のごく小さな虫歯にだけ行われます。こまめに歯科医院で検診を受け、初期の虫歯があったらヒールオゾン治療を受ける、という形であれば削る治療を一切受けずに、健康な歯を保ち続けることができるかもしれません。
3Mix法も、削らずに治す代表的な治療方法の一つです。3種類の薬剤を虫歯部分に詰め、抗菌作用によって患部の殺菌を行います。この方法の特徴は、歯の象牙質を殺菌するため再石灰化する可能性がある、という点にあるでしょう。また削る量を最小限に抑え、神経を抜かずに処置できるというメリットも持っています。虫歯治療だけでなく、歯周病治療にも用いられている方法です。
いずれの方法も、歯の悪い部分を取り除くのではなく、虫歯の菌を除去するという特徴を持っています。症状によっては歯を削る場合もありますが、殺菌力のある薬剤等を使用することで、本来の歯と神経をある程度残すことが可能となるのです。削る範囲を減らすことができれば、虫歯の再発リスクを下げることができます。削る治療が苦手な方、歯の寿命を残したい方は削らない最新治療法に注目してみましょう。

最終更新日

最新 , 虫歯治療