ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

セラミックによる虫歯治療の特徴とメリット

虫歯治療の跡を美しく埋めることができるセラミック治療は、近年、世代を問わず注目を集めています。削った部分を、まるで自分の歯のような自然な白さと質感で補える保険適応外の診療です。虫歯治療の選択肢のひとつとして興味があり、どんな特徴やメリットがあるのか詳しく知りたいという人も多いのではないでしょうか。虫歯治療の跡を目立たせず、自然で清潔感ある口元を手に入れることのできるセラミックについて理解しましょう。
虫歯治療で使用されるインレーは、虫歯を治療する際にできた穴や削った部分に対して、銀歯やプラスチックの詰め物の代わりとなるセラミック製の詰め物のことです。保険適応の白いプラスチック「レジン」は、摩耗がしやすく変色スピードも早いので耐年数は2~5年程と言われています。同じく保険適応の銀歯も、耐年数は2~5年です。口腔内で変色したり腐食する可能性があり、腐食した部分から虫歯になるケースが多くあります。一方、セラミックは強度が非常に高く、経年変色しにくいというのが特徴です。
治療には、いくつかのメリットが考えられます。まず第一にあげられるのが審美性です。本物の歯と見分けがつかない自然な美しさを、半永久的に保つことができます。どんな色にも着色することが可能な素材です。そのため、数あるサンプルの中から細かく色の種類を選ぶことができるだけでなく、歯の特徴に合わせて部分的に色を足すこともできます。表面をツルツルに仕上げられるので、他の樹脂系の素材では得られない本物同様の滑らかな表面や輝きを出せる点も魅力です。また、とても硬く経年劣化もしないので、摩耗したり、変質・変色、着色がほぼ起こらず、半永久的に見た目が変わりません。
安全性の高さもメリットのひとつです。物質が安定しており、身体に害を及ぼすような変化が起きにくいという性質があります。変質や変性、化学反応がなく、溶け出す物質もないため、アレルギー反応が起きない物質です。滑らかな表面によって、虫歯や歯周病の原因となるプラークが付きにくいという特徴があります。また、歯と非常に良く接着するため、細菌が侵入しにくく虫歯の再発を予防します。出来る限り歯を削らずに必要最小限の虫歯治療を行う上で、非常に有効です。
近年、銀歯からセラミックインレーへの付け替えを希望する人が増えています。どのような流れで治療を行うのか、予め把握しておくと安心です。付け替えを行う際には、カウンセリングで希望をしっかり伝えるようにしましょう。カウンセリング後は、すでにある詰め物を外します。銀歯の下で虫歯が進行している場合には、しっかりと治療をおこなうことが重要です。インレーを入れるために、詰め物が入る部分の形を整え、この時同時に本来の歯の色調を確認し、詰め物を作成するための型取りをします。歯科技工所で修復物を作製したものを、接着して仕上げます。
セラミックは、健康保険では認められていない素材のため、治療は保険適応外の自費治療です。幾つか種類があり、純度や製作法によって費用が異なります。詰め物は大体30,000円~50,000円前後で行われるのが相場です。被せものや差し歯全体に使用する場合は、1本辺り100,000円以上かかります。また、内側を人工ダイヤモンドにすることで、審美性に加えて耐久性や強度に優れた「ジルコニア」は、クラウンで90,000円~11,0000円、詰め物で50,000円~65,000円が相場です。
保険適応外の治療ですが、見た目が自然で美しく、身体への安全性の高い上、周りの歯への影響も優しいなど多くのメリットがあります。半永久的に健康な美しい歯を保てる点などを考慮して、虫歯治療の際は検討してみましょう。

最終更新日

セラミック , 虫歯治療